専門科目 化学療法分野

専門科目 化学療法分野
講義名 性腺胚細胞腫/性腺外胚細胞腫 2012
講師 三木 恒治(京都府立医科大学大学院医学研究科 泌尿器外科学 / 京都府立医科大学附属病院 化学療法部)
収録日 2012.10.12(2010.12.10)
公開日 2013.5.31(2011.3.25)
講義紹介 泌尿器の悪性腫瘍のなかでも胚細胞腫(精巣腫瘍)は症例数の少なく標準プロトコールを作ることが困難な疾患です。しかし、近年の化学療法の進歩は、poor prognosis群の予後改善を見せています。本講義では、胚細胞腫の特徴を学んだ上で、導入化学療法、救済化学療法を学習します。
チャプター
  • 胚細胞腫(精巣腫瘍)の特徴
  • 胚細胞腫の導入化学療法
  • 胚細胞腫の救済化学療法
  • 理解度確認テスト
担当学会・機構 日本臨床腫瘍学会

※講師所属は収録当時のものです。( )内は初回講義の講師・収録日・公開日です。

上に戻る