専門科目 放射線療法分野

専門科目 放射線療法分野
講義名 乳癌の放射線治療 2012
講師 山内 智香子(滋賀県立成人病センター放射線治療科)
(光森 通英(京都大学医学部附属病院 放射線治療科))
収録日 2012.10.26(2010.5.21)
公開日 2013.5.31(2010.7.27)
講義紹介 乳癌は、日本人女性でもっとも罹患率の高い癌です。生活様式の欧米化を背景に今後も増加が予想されています、乳癌の治療において放射線治療は、術後の局所再発を減らすことが示されており、さらには適切な全身療法との組み合わせで生存率の向上にも寄与するとされています。本講義では、乳癌治療における放射線治療の役割に加え、実際の治療方法や副作用について学習します。
チャプター
  • 疫学とわが国における乳癌診療の動向
  • 解剖・組織分類・病期分類
  • 乳癌診療における放射線療法の役割
  • ガイドライン
  • 乳房温存療法
  • 乳房切除術後放射線療法
  • 術後放射線療法の有害事象
  • 理解度確認テスト
担当学会・機構 日本放射線腫瘍学会

※講師所属は収録当時のものです。( )内は初回講義の講師・収録日・公開日です。

上に戻る