共通科目 臨床腫瘍学概論

共通科目 臨床腫瘍学概論
講義名 有害事象と支持療法 2011
講師 柴田 浩行(秋田大学大学院医学研究科 臨床腫瘍学講座)
(石岡 千加史(東北大学 加齢医学研究所))
収録日 2011.12.16(2010.2.6)
公開日 2012.9.21(2010.4.9)
講義紹介 治療の過程においては、意図せず好ましくない徴候、症状、疾患(有害事象)が現れることがあります。本講義では、有害事象をどのように評価するべきかを学んだ上で、抗がん薬による治療で見られる代表的な副作用とその支持療法について学びます。また、最近注目される分子標的薬による副作用の特徴についても紹介します。
チャプター
  • 感染症、血液毒性
  • 悪心・嘔吐、便通異常(下痢・便秘)
  • 皮膚障害、粘膜障害、血栓塞栓症
  • 肺毒性、心毒性、腎毒性
  • その他の有害事象
  • 理解度確認テスト
担当学会・機構 日本がん治療認定医機構

※講師所属は収録当時のものです。( )内は初回講義の講師・収録日・公開日です。

上に戻る