専門科目 放射線療法分野

専門科目 放射線療法分野
講義名 小線源治療 2012
講師 萬 篤憲(国立病院機構 東京医療センター 放射線科)
収録日 2012.8.4(2009.9.22)
公開日 2014.2.12(2009.12.14)
講義紹介 小線源治療(ブラキセラピー)は、密封された放射性同位元素である小線源を病変に可能な限り近接させて照射する放射線治療であり、代表的な治療部位として子宮・膣、口腔・咽頭、皮膚、前立腺、乳腺、肛門、食道、気管支があげられます。この講義では小線源治療の概要と、古典的小線源治療・現代的小線源治療それぞれについて学ぶことができます。
チャプター
  • はじめに(特徴、線源、歴史、分類)
  • 古典的小線源治療・線量評価法
  • 現代的小線源治療
  • 理解度確認テスト
担当学会・機構 日本放射線腫瘍学会

※講師所属は収録当時のものです。( )内は初回講義の講師・収録日・公開日です。

上に戻る