共通科目 基礎腫瘍学

共通科目 基礎腫瘍学
講義名 トランスレーショナルリサーチ 2012
講師 間野 博行(自治医科大学ゲノム機能研究部 / 東京大学大学院医学系研究科ゲノム医学講座)
(西山 正彦(埼玉医科大学・国際医療センター
     トランスレーショナル・リサーチ・センター))
収録日 2012.10.16
公開日 2013.5.31
講義紹介 医薬品の開発・実用化には複数のステップからなる研究開発と多くの資金が必要です。近年のがん分子標的治療薬の発展とゲノム医科学の急速な進歩によって、上記の医薬品開発にがん研究者・医師が深く関わるようになりました。こうしたアカデミアの活動一般を「トランスレーショナルリサーチ」と呼びますが、本講義では具体例の説明を通してトランスレーショナルリサーチの必要性を理解していただきたいと思います。
チャプター
  • トランスレーショナルリサーチ(TR)とは何か?
  • がんの分子標的治療
  • 我が国のTR例
  • TRをめざすがん研究の方向性と課題
  • 理解度確認テスト
担当学会・機構 日本がん治療認定医機構

※講師所属は収録当時のものです。

上に戻る