共通科目 緩和医療学

共通科目 緩和医療学
講義名 消化器症状 2012
講師 今井 堅吾(聖隷三方原病院 ホスピス科)
(佐藤 温(昭和大学医学部内科学講座腫瘍内科学部門 昭和大学病院 腫瘍内科))
収録日 2012.10.12
公開日 2013.5.31
講義紹介 抗がん剤治療をうけている患者さんの苦痛度の調査報告では、1位が嘔気、3位が嘔吐となっています。しかし、嘔気・嘔吐は原因を探索し、それに応じた適切な治療をすることで患者さんの苦痛を取り除くことが可能です。本講義では、嘔気・嘔吐の評価・治療・ケアと説明について学んでいきます。
チャプター
  • 本講義について、目的、病態生理、評価
  • 嘔気・嘔吐の治療STEP
  • 制吐薬の副作用・効果判定・ケアと説明
  • 消化管閉塞・まとめ
  • 理解度確認テスト
担当学会・機構 日本緩和医療学会

※講師所属は収録当時のものです。

上に戻る